債務整理 自己破産〜ABC of Depts〜

司法書士

司法書士はその主要業務として登記を扱っています。

登記権利者が登記行為を行う場合には、登記義務者が登記権利者に対して、登記原因情報と登記権利者を代理とする委任状を、また法人である場合には資格証明書を交付する場合があります。

この登記権利者が、さらにこの登記を司法書士に委任する場合には、登記権利者の委任状も併せて交付します。

この場合、司法書士は登記権利者と登記義務者の双方を代理することになるため、登記権利者と登記義務者の双方からの委任を受けることになるので、通常は双方からの書類を受理することになるわけです。

ただし、1枚の書類に権利者と義務者とが連署するという委任方式が取られていれば、1枚で足りることになります。

リンク

おすすめ

favorite

  • チェック1
  • チェック2
  • チェック3