債務整理 自己破産〜ABC of Depts〜

借金

債務整理の手続きを行うと住宅ローンの審査に通ることは厳しいと言われています。

それは、任意整理などで債務の整理を行うと、金融機関の信用情報に登録をされるからです。いわゆるブラックリストに登録されてしまうのです。

ブラックリストに登録をされると、住宅ローンの審査はもちろんですが、クレジットカードの発行や借り入れもできなくなってしまいます。債務整理すれば、借金がなくなる場合もありますが、その後の生活のことも考えておかなければいけません。

債務整理後にある程度の余裕ができ、将来の収入の見込みができたとしても、ブラックリストに登録をされているので、ローンを組むことはできないのです。

しかし、永久的にローンを組むことができなかったり、クレジットカードを作ることができないわけではありません。金融機関によって期間は異なりますが、約5年〜7年でローンを組むことができるようになります。

その期間が過ぎても住宅ローンの審査に通らなかった場合は、信用情報機関で自分の情報がどのように登録されているのか確認してみましょう。信用情報機関の情報は、インターネットで見ることができます。

また、電話でも確認することができるので、気になる人は確認してみると良いでしょう。

リンク

おすすめ

favorite

  • チェック1
  • チェック2
  • チェック3